不動産鑑定評価書はどんな時に必要か

不動産鑑定評価書が役立つケースを列挙すると下記のようになります。

○売買の参考として

○担保価値査定

○相続発生時における資産評価

○不動産証券化の際の鑑定評価

○抵当証券発行の際の評価

○会社合併時(M&A)における資産評価

○現物出資の際の鑑定評価

○減損会計における評価

○会社更生法や民事再生法の要請に伴う資産評価

○地代や家賃の更新・改定時の係争における評価

以上のほか公的機関の評価(国有地の売払い等)に利用されています。